So-net無料ブログ作成
検索選択

クレアのバックモニター配線を改善 [CREA]

クレアに乗り始めてから使用していた、安物のバックモニター
ナビを取り付けるまでのつなぎと思って、簡易的に取り付けてありました。

リアモニター配線01.JPG
液晶モニターがあるインパネ上方から灰皿がある位置まで映像と電源のコードがむき出し。
ナビを取り付けた後も、通常時にも後ろが見えて便利、と外さずじまい・・・(^_^;)

今日、その配線を隠すべく改善を試みました。
リアモニター配線03.JPG
まず、木目調のコンソールパネルに数ミリの下穴を開けました。
ここにさらに大きい穴を開けてコードを通します。

リアモニター配線02.JPG
コードを通す穴は見た目をよくするためにグロメットを用意。
グロメットを取り付けるのには13mmの穴が必要です。

配線の取り回しを整えコンソールに13mmの穴を開け、
コードを通しグロメットをはめ込みます。

リアモニター配線05.JPG
完成した図。

リアモニター配線04.JPG
コンソール内の配線の都合で少し目立つところに穴を開けてしまいましたが、
グロメットのお陰でみっともない感じにならずになんとか出来ました。

リアモニター配線06.JPG
むき出しでパネルの外を通っていたコードが隠れ、普通にスッキリしました。
たったこれだけの事でしたが、パネルの中のコードがぐちゃぐちゃで、結構時間が掛かった(^_^;)


 

穴あけをする時に使った仕事用の充電ドライバー
リアモニター配線07.JPG
会社に行けば道具があるだろうと、ちゃんとした準備もなく始めてしまって、
ちょっと焦った事が・・・。

リアモニター配線08.JPG
なんと、13mmのドリルが太すぎて充電ドライバーに刺さらなかった。
仕方がないのでリーマーみたいのを使って下穴を徐々に大きくしていった。
なので、きれいな穴が開かずグロメットも少しゆるい感じ。
簡単な作業でも、しっかりとした準備が必要ですね。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 1

徳永

私もオンダッシュカバーにしたので既存のバックモニターをルームミラーに取付ました。

アフターパーツで施工したのは私だけだと思うのでちょっと自己満足です。
by 徳永 (2017-02-20 15:53) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。